家賃収入を確実に得るという目的

案内する人

アパートやマンションといった賃貸物件で資産運用をしている人にとって最も重要なのは、家賃収入を確実に得ることでしょう。そのため入居者の審査では、職業や年収などを考慮して、この人ならしっかりと家賃を支払ってくれるという人だけ選ぶことになります。しかしいくら信頼できる入居者を選んだとしても、失業や病気といったさまざまな理由によって家賃が支払えなくなることもありますし、最近はそうした入居者が増えていると言われています。ですのでそのことに悩んでいる物件オーナーも多いのですが、賃貸保証会社というものを利用すれば、その問題を解決することができるのです。この賃貸保証会社は、家賃保証会社とも呼ばれているように、滞納家賃の保証を行うサービスを提供しています。最近は、滞納家賃のリスクをなくして確実に収入を得ることを目的として、この賃貸保証会社のサービスを利用する物件オーナーが増えているのです。本来このサービスは、連帯保証人を用意できない人のために保証人の代行をするという目的を持ったサービスでした。しかしこのサービスは滞納家賃の保証をしてもらえるという、物件オーナーにとってメリットの大きなものでもあります。そうした理由もあり、最近では連帯保証人を用意できる入居希望者にも賃貸保証会社との契約を義務付け、家賃収入を確実に得ようとするオーナーが多くなっているのです。

どんな仕組みになっているのか

間取り

賃貸保証会社を利用するときは、入居者と保証会社が契約を行い、保証料や更新料といった利用料は入居者が支払うという仕組みになっています。そのため、物件オーナー側は費用を負担することなく、家賃保証などの賃貸保証会社のサービスが受けられるのです。契約時に支払う保証料は家賃の0.5カ月分程度で、1年ごとに支払うケースが多い更新料は1万円程度か、もしくは家賃の0.3カ月分程度が相場になります。こうした費用は入居者の負担になりますが、あまり高いと敬遠されてしまうこともあるため、その点を考慮することも必要になるでしょう。

保証サービスの内容とは

マンションの模型

賃貸保証会社のサービス内容は、滞納家賃の保証とその回収を行うことの他にも、原状回復費用や訴訟費用の支払いなどがあります。退去時には、部屋を修繕するための原状回復費用を入居者が支払わなければならないケースがありますが、それが滞った場合に保証会社から保証してもらうことができます。そして家賃滞納が長期間に渡ると訴訟を起こす必要が出てきますが、その際の訴訟費用も保証会社に負担してもらうことができるのです。

広告募集中