HOME>オススメ情報>不動産を上手く活用するためのノウハウを知る

土地の価格を知る

マンション

土地活用、同じ土地でも目的に応じて価格が異なります。実勢価格のみらならず、公示地価・相続税路線価・固定資産税評価額があります。実勢価格は、買い手がつく可能性が高い価格をいいますが、公示地価は土地取引の指標です。価格の水準は実勢価格の9割、相続税路線価の水準は公示価格の8割、固定資産税評価額は公示価格の7割程度と覚えておきましょう。ちなみに、建物付きならば現在の相場がどれくらいなのかが大切です。購入した時点での価格は参考程度にとどめること、築年数などを考慮して、冷静に現在の不動産価値を把握する必要があります。ですから、国土交通省のサイト以外にも、民間の不動産サイトのサービスを使えば、精度の高い有力な参考資料にすることができます。類似する取引価格情報も調べられるなど、よい評判が聞かれています。

自動車社会などに用いる

マンションの模型

フロアコーティングなどを施して、リフォーム済みとした土地付き住宅として賃貸に出すこともできます。しかしながら、土地活用には売却・賃貸ができない場合の対応として、自ら利用する方法もありますから知っておきましょう。先に上げたように、リフォームして居住したり、別荘として利用したりすることができます。賃貸可能であれば、建物を壊して更地にしてしまえば、駐車場や駐輪場であったり、流行りの農園として第三者に提供することも可能です。

商業に使える

女性

土地活用の方法として、商業施設という手もあります。不動産というだけあって、建物付きであれば、貸す側も借りる側も得をすることもあります。建物をリノベーションしたカフェ、隠れ家的飲食店などは、個人経営にも向いているとして人気があるようです。また、福祉介護施設とした活用は、床などをバリアフリーにすることにより、高齢者にとって安らげる空間にもなります。高齢化社会も伴い、一定のニーズも見込めるこうした情報も広がっています。

広告募集中